• TOP
  • PPC運用代行

ライバルの少ない、今だから顧客を独占できてライバル店に勝てるスマートフォンPPC広告をやらない理由がない!

PPCとは
Pay Per Clickを略したもので、「クリック課金」という意味になります。
つまり、表示されるだけでは課金されず、クリックされて初めて広告費を支払うことになります。
PPC広告の代表的なものとしては、GoogleのAdwords(アドワーズ)とYahoo!のスポンサードサーチがあります。

スマートフォンサイトを作って集客、売上が2倍以上になる秘訣

①スマホの普及率が年々上がり2015年には国民の半数がスマホを持つ。
②美容室、エステ、整体、ネイルサロン、飲食等の検索数は、パソコンよりスマホでの検索数が2倍以上多い。
③上記の職種以外もスマホでの検索が多くなる。
④スマホ専用サイトが少なくパソコンサイトのままでスマホで見たサイトは見づらく、お問い合わせや電話などのコンバージョンできない設計のサイトばかりで顧客を逃しており、いち早くスマホサイトを作成した企業、お店が先行者利益を受ける。
⑤PPC広告を掲載する。(スマートフォンサイトを作るだけでは集客、売上が2倍以上にはならない。)
⑥GRAN HEARTは他社制作会社ではできない3C分析を実施したサイト作成を行いますので集客力が違う。

勝てるPPC広告運用代行

広告費の無駄使いを徹底的になくして、お客様の売上アップするPPC広告の運用代行を任せてください。
パソコンとスマートフォンのPPC広告はクリック単価が違います。
これを知らないと無駄な広告費だけがどんどん積み重なるだけで一向に売上は伸びません。
GRAN HEARTは効果的な運用をご提案しております。

なぜスマートフォンのPPC広告なのか?

現在ライバルが少なく、クリック単価がパソコンより半分もしくは2/3ほどの費用で広告出稿ができます。

PPC広告で勝つ3つのポイント

①無駄な広告費を徹底的に削減する広告設定を行います。
②スマホに特化したキーワード戦略を行います。
③顧客心理をつく、成約の取れるサイト設計を行います。

ほかにも適切な広告費の設定、地域性の戦略、、時間帯、 等などたくさんやる事がございます。 これらを駆使し適切にPPC広告を運用すると莫大な集客となり、売上に結びつきます。

PPC広告運用作業

  • 利益構造、市場・ライバル調査、顧客分析、予算設定・目標設定
  • 分析ツール
  • キーワード調査、キーワード選定
  • 広告分の作成
  • アカウント作成から運用へ
  • 費用対効果の分析

料金

  • 初期設定費用:5万円(税別)
  • 月額運用代行費用:3万円(税別)※3ヶ月契約から

※ただし、月間の広告費が30万円以上の場合、広告費の20%が月額運用代行費用になります。
例)月間の広告費が100万円の場合  運用代行費用は、100万円×20%=20万円(税込)となります。

広告費の考え方

Yahoo、Googleに支払う広告費の考え方ですが何人の顧客をお店に呼び込みたいかです。

例)1クリック100円のキーワード『大宮 マッサージ』で500クリック
サイトに500訪れて、そのうち10%の50人が来院となる。
例えば顧客単価が5,000円とした場合。

月額広告費:100円×500クリック=5万円
売   上:50人×5,000円=25万円
月額運用費:3万円

売上25万円?広告費5万円?運用費3万円=利益17万円

単純計算ですと月額17万円の利益ですが、お店のサービスや接客が良いとリピートしていただき年4回の利用で年間顧客単価は2万円となります。

初月50人の来店で年間リピート率が50%だと25人

25人×2万円=年間利益50万円 ※原価:広告費5万円+運用費3万円=月額8万円

年間顧客単価50万円?(広告費5万円+運用費3万円)=年間利益42万円

これを毎月行なうと
42万円×12ヶ月=504万円の利益となります。

月間客数を50人から100人に増やすと広告費は10万円と倍になりますが年間利益も倍の1,080万円となります。
広告予算は掛ければ掛けるほど売上が上がるのがPPC広告なのです。

まだ、PPC広告を理解していない企業、お店が多くPPC広告の掲載をしておりませんが、今後、Yahoo、Googleが力をいれているのがPPC広告掲載からの収益と言われております。

最後まで読まれた方はPPC広告をやらない理由はないでしょう。

不安や疑問があればお答えいたしますので、機会損失にならない為に、やるなら今直ぐにご連絡ください。

pagetop